マニアックなWindowsのショートカットキーを使おう!?

ある日の会社でのこと。

先輩「マウス使わずにパソコン使えたらIT企業の人間っぽいよね」。

いやいや、そんなことしなくても、あなたも私もIT企業の人間ですよね。今更何を言い出すのでしょうか・・・定時後に精神状態が危惧される状況にまで陥ったと思いましたが、まあ、いつも突拍子も無く思い付いちゃう人なので、休憩がてら少し調べてみました。(というかWindows使ってるよりMac使った方がそれっぽく見えたりするのは私だけでしょうか。)

「プログラムのアンインストールと変更」をショートカットで呼び出す

Windowsでもそんなに頻繁に使う部分じゃないと思いますが、まあ良いでしょう。そもそも、ショートカットキーは使用頻度が高いコマンドで用意されているものなので、あるわけないd・・・あるんかい!

appwiz.cpl

どうやらこれで「プログラムのアンインストールと変更」が呼び出せるらしいです。コマンドプロンプト(DOS画面)に貼り付けてEnterキー押下か、「WindowsキーとRキー」を同時押下して、「ファイル名を指定して実行」を呼び出した後に、「appwiz.cpl」を貼り付けてEnterキー押下で出てきます。

「システムのプロパティ」をショートカットで呼び出す

これも頻繁に使う部分じゃないと思いますが、まあ良いでしょう。いわゆる、スタートメニューからコンピューターの部分を右クリックして、プロパティを実行した時に出てくるやつです。WindowsEditionやメモリとか32bitか64bitかを確認出来る画面ですね。使う人は使うと思いますが、一般的に余り使わないと思うのですが、ショートカットキーは備わっているみたいです。マイクロソフトさん凄い(?)

 「Windowsキー」 と 「Breakキー」同時押下

 エンジニアが使う分には便利ですが、正直な話、そんな頻繁に見る画面では無いですね。アプリケーションをインストールする時にシステム要件を満たしているか確認するくらいです。

「コンピュータの管理」をショートカットで呼び出す

頻度とか言うレベルではなく、ほぼほぼ使わないです。エンジニアでもサーバを触る時にパーティション追加するくらいでしか使わないです。さすがのマイクロソフトさんでもそんなことh・・・あるんですね。

compmgmt.msc

「WindowsキーとRキー」を同時押下して、「ファイル名を指定して実行」を呼び出した後に、「compmgmt.msc」を貼り付けてEnterキー押下で出てきます。サーバ管理者には便利ではないでしょうか?と思いましたが、サーバのデスクトップ画面を覗いた時に大体は開いてるんですよね。デフォルト設定でシステム起動時に勝手に立ち上がって来ますから。

まとめ

マニアックなショートカットキーを紹介させて頂きました。そもそも頻度が高いからショートカットキーが割り当てられている訳で、たまにしか使わないのであれば覚える必要性は無いと思いますが、調べてて自分も楽しかったので記事にしてみました。みなさんも調べてみてはどうでしょうか?ちなみに、今回紹介させて頂いたショートカットキーは、Windows7でしか試してません!